【現役AWSエンジニアが解説】:クラウドエンジニアの業務内容と1日の流れ

初学者
初学者

ITエンジニアを目指して学習、転職活動中です。エンジニアの種類でクラウドエンジニアがあることを知りました。

クラウドエンジニアってどんな1日を過ごしているの?

クラウドエンジニアはどのような業務を担当するの?

The
たなてぃー

結論から言うと、クラウドエンジニアは社内会議と開発とお客様との打ち合わせが主な業務だよ。

クラウドエンジニアの業務内容について詳しく解説していくよ

本記事の内容
  • クラウドエンジニアの業務内容
  • クラウドエンジニアの1日の仕事の流れ
  • クラウドエンジニアに必要なIT以外のスキル
この記事を読むメリット
  • クラウドエンジニアが1日何をしているのかわかる
  • クラウドエンジニアも担当範囲によって業務内容が異なることがわかる

そんな僕は、自動車製造工場で働いていましたが、エンジニアとして働くために転職を決意しました。

転職時はITに関する資格もなく、ITに興味があるが知識はないという状況でした。

そんな中でも転職し、クラウドエンジニアとして日々の業務を行い、AWS、Azureのクラウドの資格を取得しました。

ITへの転職を目指していたところ、クラウドエンジニアの存在を知り、どんな業務を行っているのか最初はわかりませんでした。

こんな僕がクラウドエンジニアはどのような1日を過ごしているのか、リアルな声をお届けします。

クラウドエンジニアの業務内容

「クラウドエンジニアの主な業務内容がわかりません。エンジニアだからパソコンにひたすらプログラミングをしているのでしょうか?」

クラウドエンジニアの業務内容は大きく分けると下記の通りです。

  • 要件定義
  • 設計開発
  • 運用保守

クラウドエンジニアは、インフラエンジニアの一種です。

以前はオンプレミス環境で動作していたサーバーやネットワークなどのインフラ環境をクラウド上で設計・構築し、運用するエンジニアを指します。

クラウドエンジニアの業務内容についてさらに詳しく見ていきましょう。

要件定義

クラウドエンジニアの仕事で一番重要な業務と言われているのが要件定義です。

 「お客様と打ち合わせをしながら、この予算でこの納期でこのアプリやシステムを開発してほしい。」

「年内に社内の一部システムをクラウド化したい」

というお客様のご要望を聞き(ヒヤリング)どのように開発や移行業務を進めていくのか決定します。

ご要望を伺う際に重要なこと
  • なぜアプリやシステムの開発をしたいのか
  • 業務効率を上げるためなのか
  • 売り上げ向上のためなのか
  • 社内システムにセキュリティの問題
  • クラウドへ新規構築なのか既存環境の移行なのか


お客様の抱える問題を考えながら要件定義を進めます。

この「お客様の真の要望」を探り、解決するための問題解決能力とヒアリングスキルが要件定義では求められます。

設計・開発

この設計と開発は、クラウドエンジニアのメイン業務です。

エンジニアと聞いて、真っ先に思い浮かぶのがパソコンに向かってひたすらコードを打ち込んでいる姿ではないでしょうか。

設計や開発業務の中でも、設計書を作ったり、コードを入力したり、開発したものに不具合はないかテストをしたり、とさまざまな業務があります。

1人ですべてを行うわけではなく、基本的にはチームで開発やクラウド化に向けた業務を行っています。

一人で黙々と作業をすることに不安を感じている人はご安心ください。

運用・保守

運用・保守ではクラウド環境で動いているサーバーやネットワーク、データベースなどに異常がないか監視やトラブルが起きた際の報告、対処をします。

クラウドエンジニアになりたての経験が浅い人は、基本的にこの運用・保守業務を行います。

日々のメンテナンスやOSアップデートが起きた際のアプリやシステムの更新やチェック作業もクラウドエンジニアの業務です。

クラウドエンジニアには、要件定義、設計・開発、運用・保守の工程がある

初学者
初学者

エンジニアは開発ばかりしていると思っていたけど、要件定義や運用もやるんだね

The
タナT

クラウドエンジニアになりたての頃は、ITに慣れるために運用や保守の仕事をする人が多いよ。

要件定義は、一番重要な仕事と言われていて経験がある人が担当するし、重要だからこそ報酬も高いんだ

「クラウドエンジニアの業務内容」について深掘り解説してきました。

クラウドエンジニアの1日の仕事の流れ

「クラウドエンジニアの主な業務はわかったけど1日の仕事の流れが知りたい。日々どのような業務をしているのかわからない。」

クラウドエンジニアの1日の流れを5つに分けて解説します。

  • 毎朝メール確認
  • 定期的な社内会議
  • 資料作成
  • ツールを利用した開発
  • お客様との打ち合わせ
The
たなT

こちらはあくまで一例だよ。
お客様のご都合によっては順番が変わる事もあるよ。

具体的に詳細を解説します。

毎朝メールチェック

クラウドエンジニアは、チームで活動を行うことが多いです。また、お客様先と要件定義や打ち合わせを行うため、お客様とメールでやり取りも行います。

そのため、朝いちばん最初に行う業務がメールのチェックです。私が勤めている会社では、日々の社内連絡はTeamsで行うため、Teamsでの状況確認も朝一で行います。

メールフォルダの振り分けや添付資料の確認で、30分~1時間かかる場合もあります。朝一のチェックだけでなくメールの確認、作成は頻繁に行います。

開発業務

クラウドエンジニアのメイン業務は、開発業務です。要件定義をもとに作成された、設計書を見ながら開発を進めていきます。

開発するものによっては、プログラミング言語が必要になったり、Microsoft AzureやAWS(Amazon Web Service)などの知識も必要になるでしょう。

AWS、Azureについて詳しく知りたい、学習方法が知りたいという方は、別記事でも紹介していますのでぜひご覧ください。

定期的な社内会議

クラウドエンジニアの業務の大半を占めているのが、開発業務です。毎週もしくは月に1回、チームの開発状況の進捗を確認するための定例会が開かれます。

そこで、問題点があれば問題解決に向けた話合いが行われます。打ち合わせ・会議内容を記録するための議事録の作成を担当することもあるでしょう。

そこで、自分の進捗状況を伝えるために、ExcelやWord、Powerpointで資料を作って説明をしたりもします。 

お客様との打ち合わせ

クラウドエンジニアの日々の業務として、お客様との打ち合わせや状況報告があります。

「お客様からこのシステムをクラウド上で開発してほしい。」「社内システムをクラウド化するために、環境を構築してほしい。」

クラウドエンジニアの仕事は、このようなお客様からの依頼が発生して初めてスタートします。

お客様にヒアリングをして要件定義を行うこともあれば、開発が今どのあたりまで進んでいるのか状況の報告をすることもあります。コロナ禍でリモートワークが広まったことで、最近ではリモート会議が行われることが多いですが、会議室などで直接顔を合わせて打ち合わせをすることもあります。

資料作成

社内での定例会議やお客様との打ち合わせが、クラウドエンジニアの主な業務にありますが、その打ち合わせをするために、資料を作成します。

この資料作成業務が、1日の業務で多くの時間を占めることもあります。

どのように開発を進めていくのか開発スケジュールをExcelで作ったり、どのツールを使って問題解決をするのか比較するための比較資料の作成など業務によって作る資料はさまざまですが、私の場合は、プログラミングをしながら開発をする時間と同じくらい資料作成にも多くの時間をかけています。

初学者:エンジニアってしゃべらずひたすらパソコンに向かっているイメージがあったけど意外と会議や打ち合わせが多いんだね。

タナT:クラウドエンジニアはチームで動くことも多くて、お客様とのやり取りも多いんだ

だから事務的な作業に多くの時間を割いているよ

事務作業をもっと効率よくできるアプリを自分で開発できるようになりたいね。

こちらのテーマでは、「クラウドエンジニアの業務内容」について深掘り解説してきました。

クラウドエンジニアに必要なIT以外のスキル

「クラウドエンジニアにはどんなスキルが必要になるの?ITの知識が必要なのはわかるけどほかに必要なスキルは?」

●IT以外に必要な2つのスキル

  • コミュニケーションスキル
  • プレゼン資料作成スキル

クラウドエンジニアが1日どのような業務をするのか解説してきました。クラウドエンジニアとして業務を行う上で、ITの知識は必須です。クラウドエンジニアは、プログラミング言語よりもネットワークやサーバーなどインフラに関する知識が求められます。

ITに関する知識が必要なのは想像しやすいですが、IT以外に必要なスキルにはどのようなものがあるのでしょうか?こちらのテーマでは、クラウドエンジニアに必要なIT以外のスキルについて深堀をしていきます。

コミュニケーションスキル

これまで解説してきたように、クラウドエンジニアは、チームメンバーやお客様とコミュニケーションをとることが非常に多いです。

相手の真の目的を聞き出すヒアリングスキル、自分の状況や考えを伝えるアウトプットのスキルが求められます。転職活動をする際の面接でも、アウトプットするスキルは重要になるので、今から説明をする機会があればどうすればきちんと自分の話したい内容が伝わるか意識しましょう。

プレゼン資料作成スキル

クラウドエンジニアは、構成図を書いたり、お客様に説明をする際など資料を作成する頻度が多いです。

私もエンジニアとして駆け出しのころ、資料作成は苦手で1つの資料を作るのに多くの時間をかけていました。何度か資料を作っていく中で、慣れてきてスピードも上がってきました。

ExcelやPowerpointが得意、プレゼンが好きという方は、クラウドエンジニアに向いています。逆に苦手意識がある人も、何回も資料を作成する中でコツをつかめるため、練習あるのみです。

初学者
初学者

クラウドエンジニアになるためには、コミュニケーション能力やExcelやPowerpointを使って資料を作るスキルも必要なことがわかったよ

TanaT

そのスキルも大事だけど、一番大切なのは、「ITやクラウドが好き」という気持ちだよ

クラウドやネットワークは新しい知識が毎日出てくるので、昨日使えた仕様が今日使えなくなるという状況も多々あります。

そのため、日々ITの学習が必要になります。楽しくないと思いながら毎日学習は苦痛ですよね…

クラウドエンジニアは担当する業務によって多い少ないがありますが、お客様と話す機会も多いです。ITの知識をアウトプットする力を伸ばしたり、コミュニケーションの力を伸ばしていきましょう。

■まとめ

今回の記事では「【現役AWSエンジニアが解説】:クラウドエンジニアはどのような一日を過ごしているのか?」について、下記のテーマで解説しました。

  • クラウドエンジニアの業務内容
  • クラウドエンジニアの1日の仕事の流れ
  • クラウドエンジニアに必要なIT以外のスキル

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

クラウドエンジニアへの転職を目指す人はこちらの記事も合わせてご覧ください。