インフラエンジニアを目指す人に最初に見てほしい基本情報!業務内容や必要なスキルセットを紹介

こんにちは。TanaTです。

工場で機械のメンテナンスをしていたIT未経験の状態からインフラエンジニアに転職した現役のエンジニアです。

初学者
初学者

インフラエンジニアって何ですか?一からわかりやすく教えてほしいです。

TanaT

サーバーやネットワークなどの生活に欠かせない「ITインフラ」を陰で支えているのがインフラエンジニアだよ

私自身、工場で働いているときに「エンジニアになるならインフラエンジニアがおすすめ」と聞いて、自分で情報収集をし転職を成功させた経験があります。

インフラエンジニアってそもそも何?というところから調べた経験を元に、過去の自分と同じような悩みを持つ人に向けてインフラエンジニアについて解説していきます。

この記事で分かること
  • インフラエンジニアとはなにかがわかる
  • インフラエンジニアに必要なスキルセットがわかる
  • おすすめの転職エージェントがわかる
こんな人におすすめ
  • インフラエンジニアをこれから目指す人
  • インフラエンジニアになるための方法が分からない人
  • 自分がインフラエンジニアに向いているのか知りたい人
  • どの資格を取るか悩んでいる

過去の自分に教える気持ちで包み隠さず教えていくのでぜひご覧ください。

インフラエンジニアとは?

インフラエンジニアとは、ITシステムを構築するITエンジニアの一種で、主にIT基盤(インフラストラクチャ)の構築を担当する職種です。

IT基盤とは、私たちがシステムやインターネットを使用するために必要なサーバーやネットワークを指します。

インフラエンジニアは、役割ごとにさらに4つに分けられます。

  • サーバーエンジニア
  • ネットワークエンジニア
  • セキュリティエンジニア
  • クラウドエンジニア

それぞれ1つずつ概要を解説します。

サーバーエンジニア

サーバーエンジニアは、インターネットや社内ネットワークを支えるサーバーの設計・構築・運用・保守を行うエンジニアです。

サーバーは、Webサイトやメール、アプリケーションなどのサービスを提供する基盤となるため、サーバーエンジニアはITインフラを支える重要な存在です。

サーバーのスペックや構成、運用方法などを検討して、サーバーを実際に構築します。そして、サーバーの稼働状況を監視し、障害が発生した場合に対応することもサーバーエンジニアの役割です。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、Wi-Fiやルーターなど社内のネットワークを構築したり、保守作業を行うエンジニアです。

IPアドレスの概念やネットワークのルーティング設定を行ったり、リモートワークのためのVPN接続をするために必要なネットワーク設計を行ったりとIT企業に欠かせない役職です。

セキュリティエンジニア

セキュリティエンジニアは、不正アクセスやデータの改ざんなど多様化するサイバー攻撃に対応するために、ファイアウォールの設定などセキュリティ強化を担当するエンジニアです。

サイバー攻撃を受けた時の対処はもちろんですが、サイバー攻撃を未然に防ぐための対策を主な業務としています。

AIやIot分野でもセキュリティ強化が課題となっているためセキュリティエンジニアの需要が高まっています。

クラウドエンジニア

クラウドエンジニアは、ITインフラをクラウド上で構築して運用する環境を管理するエンジニアです。

クラウド技術が発展して、これまで企業の敷地内でサーバーを構築してネットワーク設定をして、PCやサーバーに対してセキュリティ対策をしていた環境をクラウド上で簡単に設計できるようになりました。

AWS・Azure・GCPの3大クラウドサービスを使うスキルが求められています。クラウドエンジニアは、コロナで企業のクラウド化が進んだことにより需要が高まっています。

サーバー・ネットワーク・セキュリティに加えて、クラウドの知識も必要なためインフラエンジニアの中では、求められるスキルも多いことが特徴です。

インフラエンジニアの将来性は?

IT分野は成長産業であり、ITインフラは廃れることがないため、インフラエンジニアの将来性は高いと言えます。

ここでは、なぜインフラエンジニアは将来性が高いのか?その理由について深堀して解説します。

IT分野は成長産業

IT分野は、近年急速に成長を続けています。クラウドやビッグデータ、AIなどの技術革新により、ITを活用したビジネスがますます拡大しています。

そのため、ITインフラを構築・運用するインフラエンジニアの需要は、今後も高まっていくと考えられます。

ITインフラは廃れることがない

ITインフラは、企業や個人がITサービスを利用する上で不可欠なものです。たとえクラウドサービスが普及したとしても、自社でITインフラを構築・運用する企業も存在します。

そのため、インフラエンジニアの需要は今後もなくなることはないでしょう。

キャリアパスが魅力的で豊富

インフラエンジニアには、システムエンジニアやプロジェクトマネージャーなど、さまざまなキャリアパスがあります。

また、クラウドエンジニアやセキュリティエンジニアなど、専門性の高い分野へのキャリアアップも可能です。

そのため、インフラエンジニアは、自分のスキルや経験を活かして、さまざまなキャリアを築くことができます。

IT未経験でもインフラエンジニアになれる

IT未経験だから、インフラエンジニアを目指すのはハードルが高いと思われるかもしれません。

しかし、IT未経験のあなたでも、文系の人でもインフラエンジニアを目指すことができます。

ここでは、IT未経験でもインフラエンジニアを目指せる理由を3つの観点から解説していきます。

フロントエンドエンジニアに比べて競争率が低い

IT未経験でインフラエンジニアを目指す場合、フロントエンドエンジニアに比べて競争率が低いことが大きなメリットです。

フロントエンドエンジニアは、WebサイトやWebアプリケーションの見た目や操作性を担うエンジニアです。

そのため、Web開発の経験やスキルが求められるため、競争率が高くなっています。

一方、インフラエンジニアは、ITシステムの土台となる部分を担うエンジニアです。ITの基礎知識があれば、未経験でも挑戦しやすい職種と言えます。

人手不足で未経験求人も多い

インフラエンジニアは、IT業界全体の人手不足が深刻化しているため、未経験でも採用される求人が多くあります。

また、インフラエンジニアは、キャリアアップの機会も豊富なため、未経験でも長期的に活躍できる可能性があります。

入社後研修が充実している

多くの企業では、入社後にインフラエンジニアとしての基礎知識やスキルを身につけるための研修を用意しています。

私自身、現在はクラウドエンジニアとして業務をしていますが、IT未経験から27歳でエンジニアを目指して転職し、IT企業入社後にインフラの知識を研修で学びました。

そのため、IT未経験でもしっかりとしたスキルを身につけて、インフラエンジニアとして活躍できるようになるでしょう。

インフラエンジニアの業務内容

インフラエンジニアは、ITインフラの設計、構築、および運用を担当するエンジニアです。と説明しても、「実際、どのような業務をしているか分からない」と思う人も多いはずです。

ここでは、インフラエンジニアの主な業務内容を5つのフェーズに分けて解説します。

要件定義

要件定義とは、クライアントからシステムの要求をヒアリングし、それを具体化するための作業です。

インフラエンジニアは、システムに必要なハードウェアやソフトウェア、ネットワークなどの要件を定義します。

設計

設計とは、要件定義をもとに、インフラの構成や仕様を決定する作業です。

インフラエンジニアは、要件を満たすために、どのようなハードウェアやソフトウェア、ネットワークを導入するかを設計します。

構築・開発

構築・開発とは、設計に基づいて、インフラを実際に構築・開発する作業です。

インフラエンジニアは、ハードウェアの設置やソフトウェアのインストール、ネットワークの構築などを行います。

テスト

テストとは、構築・開発したインフラが正常に動作するかを検証する作業です。

インフラエンジニアは、機能テストや性能テスト、負荷テストなどを行い、インフラの品質を担保します。

運用・保守

運用・保守とは、構築・開発したインフラを安定的に稼働させるための作業です。

インフラエンジニアは、障害対応やセキュリティ対策、定期的なメンテナンスなどを行います。

上流工程と下流工程

上流工程とは、クライアントの要求を理解し、それを実現するためのインフラを設計・構築する工程です。

具体的には、以下の3つの工程があります。

  • 要件定義
  • 設計
  • 構築・開発

上流工程は、インフラエンジニアの最も重要な工程であり、クライアントの要求を正確に理解し、それを実現するためのインフラを設計・構築する必要があります。

重要な工程で高度なスキルを求められるため、上流工程になるほど年収も高い傾向があります。

下流工程は、システムの運用・保守・監視の業務を指します。上流工程で設計・構築したインフラの品質を担保し、安定的に稼働させるための重要な工程です。

上流工程の業務を行うためには、下流工程で経験を積むことが重要になります。

インフラエンジニアにおすすめの資格

ここからは、インフラエンジニアになるうえでおすすめの資格を解説します。

資格取得をする際は、しっかりとスケジュールを立てて、本やYouTube、オンラインスクールなどで基礎学習をして、問題演習ができる学習サイトで学習が最も効率がいいです。ぜひ実践してみてください。

それぞれのエンジニアのタイプで、私が最もおすすめする資格を合計6個みていきましょう。

【LPIC】サーバーエンジニアにおすすめの資格

LPICは、Linux(リナックス)に関する技術力や知識があることを証明できる資格です。

認定条件受験料(税込み)
level1101と102に合格すること1試験ごとに16,500円
level2201と202に合格すること1試験ごとに16,500円

level3
300303304いずれかに合格すること
1試験ごとに16,500円

あくまでも目安になりますが、IT未経験からサーバーエンジニアへの転職を目指す人は、まず「level1」の取得を目指しましょう。

サーバーエンジニアになって実務経験を積んで「level2」を取得、より専門的な知識を持って転職や年収アップを目指す人は、「level3」を目指すとよいでしょう。

level1資格の演習ができるおすすめのサイトは、「Ping-t」です。無料で学べるサイトになるので積極的に活用しましょう。

【CCNA】ネットワークエンジニアにおすすめの資格

CCNAは、シスコ社が認定している資格です。

資格名レベル受験料
CCNAアソシエイトレベル300ドル(約44,500円)
CCNPプロフェッショナルレベル400ドル(約59,500)

Wi-Fiやルーターの開発・販売を行うシスコ社が認定している資格になります。

他にも、有名なシスコ社の認定資格にCCNPがあります。CCNAのAは「アソシエイト」、CCNPのPは「プロフェッショナル」の頭文字です。

CCNPのほうが難易度が高いため、これからネットワークエンジニアを目指すという人は、まずはCCNAの資格取得を目指しましょう。

CCNAに関しては、シスコ社が提供する「CCNAイージス」というサイトで無料で学習、演習が可能です。

また、LPICと同様に「Ping-t」 でも資格対策が可能です。ただし、CCNAをPing-t で学習する場合は一部有料になります。

【情報セキュリティマネジメント試験】セキュリティエンジニアにおすすめの資格

セキュリティエンジニアにおすすめの資格は、情報セキュリティマネジメント試験です。

情報セキュリティマネジメント試験については、国家資格となるため、転職時のアピール材料になります。

ITパスポートも国家資格であるため、よく比較対象となります。

ITパスポートはすべての社会人を対象としたITの共通的な資格ですが、情報セキュリティマネジメント試験については、ITの安全な活用を推進する人を対象とした資格になります。

そのため、インフラエンジニア向け、セキュリティエンジニア向けの資格と言えます。

情報セキュリティマネジメント試験ドットコムという学習サイトで、過去8回分の過去問を解くことができます。積極的に活用していきましょう。

情報セキュリティマネジメント試験の受験料は7,500円です。ほかの資格と比べると料金は安いですが、国家資格ということもあり合格率30%前後と難易度も高い資格です。

【AWS】クラウドエンジニアにおすすめの資格1

AWS認定資格は、Amazon Web Services(AWS)のクラウドサービスを提供する上で必要な知識やスキルを証明する資格です。

AWSは、世界最大のクラウドサービスプロバイダーであり、多くの企業や組織で利用されています。

初級・中級・上級・専門分野と大きく4つの分野に別れており12の資格があります。

IT初心者でこれからAWSのクラウドエンジニアを目指す人は、CLFとSAAの資格取得を目指しましょう。

受験料(税込み)
基礎資格
CLF AWS認定クラウドプラクッティショナー12,100円
アソシエイト資格
SAA AWS認定ソリューションアーキテクト -アソシエイト16,500円
SAO AWS認定SysOpsアドミニストレーター -アソシエイト16,500円
DVA AWS認定デベロッパー -アソシエイト16,500円
プロフェッショナル資格
SAP AWS認定ソリューションアーキテクト -プロフェッショナル33,000円
DOP AWS認定DevOpsエンジニア -プロフェッショナル33,000円
専門知識
ANS AWS認定高度なネットワーキング33,000円
SCS AWS認定セキュリティ33,000円
DAS AWS認定データアナリティクス33,000円
MLS AWS認定機械学習33,000円
DBS AWS認定データベース33,000円
PAS AWS Certified:SAP on AWS33,000円

AWSの資格取得を目指す人は、テックストックでの学習がおすすめです。

テックストックでの学習方法は「AWSのSAP(上位資格)をテックストックを使って2か月で取得!その学習方法を解説」で詳しく解説しています。

【Azure】クラウドエンジニアにおすすめの資格2

Azure認定資格は、Microsoft Azureのクラウドサービスを提供する上で必要な知識やスキルを証明する資格です。

Azureは、Microsoftが提供するクラウドサービスであり、Microsoft製品を使う多くの企業が導入をしたり導入検討をしています。

クラウドエンジニアに転職を考えており、Azureの資格取得を目指す人は、AZ-900、AZ-104の順番に取得を目指すことがおすすめです。

また、Azureの学習に関しては学習資料や過去問が豊富なUdemyでの学習がおすすめです。

基礎レベル
Azure Fundamentals(AZ-900)13,750円
Azure AI Fundamentals(AI-900)13,750円
Azure Data Fundamentals(DP-900)13,750円
中級レベル
Azure 管理者アソシエイト(AZ-104)23,212円
Azure Developer アソシエイト(AZ-204)23,212円
Azure Network Engineer アソシエイト(AZ-700)23,212円
Windows Server Hybrid Administrator アソシエイト(AZ-800)23,212円
Azure Security Engineer アソシエイト(AZ-500)23,212円
Azure AI Engineer アソシエイト(A!-102)23,212円
Azure Data Scientist アソシエイト(DP-100)23,212円
Azure Data Engineer アソシエイト(DP-203)23,212円
Azure Database Administrator アソシエイト(DP-300)23,212円
上級レベル
Azure Solutions Architect Expert(AZ-305)23,212円
Azure DevOps Engineer Expert(AZ-400)23,212円

【GCP】クラウドエンジニアにおすすめの資格3

GCP認定資格は、Google Cloud のクラウドサービスを提供する上で必要な知識やスキルを証明する資格です。最新のAI技術やIot技術を使う多くの企業がGCPを採用しています。

IT未経験からクラウドエンジニアを目指す場合は、Cloud Digital Leader、Cloud Engineerの基礎と中級レベルの資格取得を目指しましょう。

GCPの学習についても、AWSと同様テックストックでの学習がおすすめです。

基礎レベル
Cloud Digital Leader$99 (約14,740円)
中級レベル
Cloud Engineer$125(約18,750円)
上級レベル
Cloud Architect$200(約30,000円)
Cloud Database Engineer$200(約30,000円)
Cloud Developer$200(約30,000円)
Data Engineer$200(約30,000円)
Cloud DevOps Engineer$200(約30,000円)
Cloud Network Engineer$200(約30,000円)
Google Workspace Administrator$200(約30,000円)
Machine Learning Engineer$200(約30,000円)

インフラエンジニアの年収は?

平均年収
インフラエンジニア全体520万円 求人ボックス調べ
サーバーエンジニア 465万円 マイナビエージェント調べ
ネットワークエンジニア455万円 マイナビエージェント調べ
セキュリティエンジニア597万円 求人ボックス調べ
クラウドエンジニア597万円 求人ボックス調べ

ITインフラの設計、構築、運用、保守を担うインフラエンジニアの年収は、求人ボックスによると2023年時点で平均520万円です。これは、全産業の平均年収496万円を上回る水準です。

インフラエンジニアの年収は、経験やスキル、勤務先によって大きく異なります。

経験が浅い20代前半の初任給は21万円程度が相場ですが、3年目以降になると300万円台前半に到達します。

さらに、5年以上の経験や高度なスキルを有するエンジニアになると、年収1000万円を超えることも可能です。

また、勤務先によっても年収は異なります。大手IT企業や外資系企業では、年収水準が高くなる傾向にあります。

サーバーエンジニアの年収

サーバーエンジニアは、Webサーバーやデータベースサーバーなどのサーバー機器の設計、構築、運用、保守を担うエンジニアです。

求人ボックスによると、サーバーエンジニアの平均年収は465万円です。

サーバーエンジニアの年収は、インフラエンジニア全体の平均年収と比べるとやや低い水準です。

これは、サーバー機器の設計や構築は、ネットワークエンジニアやクラウドエンジニアと連携して行うことが多いため、他のインフラエンジニアと比べると単独で行う業務が少ないことが要因と考えられます。

ネットワークエンジニアの年収

ネットワークエンジニアは、LANやWANなどのネットワークの設計、構築、運用、保守を担うエンジニアです。

求人ボックスによると、ネットワークエンジニアの平均年収は455万円です。

ネットワークエンジニアの年収は、サーバーエンジニアとほぼ同水準です。これは、ネットワークエンジニアもサーバーエンジニアと同様に、他のインフラエンジニアと連携して行う業務が多いことが要因と考えられます。

また、運用や保守など下流工程の業務を行う人も多いことも平均年収が低くなっている原因と推測されます。

セキュリティエンジニアの年収

セキュリティエンジニアは、サイバー攻撃からITシステムを守るためのセキュリティ対策の設計、構築、運用、保守を担うエンジニアです。

求人ボックスによると、セキュリティエンジニアの平均年収は597万円です。

セキュリティエンジニアの年収は、インフラエンジニア全体の平均年収と比べるとやや高い水準です。

これは、サイバー攻撃の脅威が高まっていることから、セキュリティエンジニアの需要が高まっていることが要因と考えられます。

クラウドエンジニアの年収

クラウドエンジニアは、クラウドサービスの設計、構築、運用、保守を担うエンジニアです。

求人ボックスによると、クラウドエンジニアの平均年収は597万円です。

クラウドエンジニアの年収は、セキュリティエンジニアと同様に、インフラエンジニア全体の平均年収と比べるとやや高い水準です。

これは、クラウドサービスの需要が高まっていることから、クラウドエンジニアの需要が高まっていることが要因と考えられます。

また、クラウド移行の要件定義など上流工程の業務を行うことが多いことも要因にあげられます。

インフラエンジニアになるために必要なスキルセット

インフラエンジニアとして活躍して経験を積み、年収をあげていくためにはスキルアップをすることが重要です。

ここからは、インフラエンジニアに必要とされるスキルセットについて解説します。

ITに関する知識とITスキル以外のヒューマンスキルについてそれぞれ紹介します。

IT知識ではどのようなスキルが必要なのか、ヒューマンスキルでは自分に足りていないスキルは無いか?を考えてみましょう。

ITに関する知識

まずは、インフラエンジニアに必要なITに関するスキルを紹介します。

サーバーエンジニアはサーバーの知識、ネットワークエンジニアはネットワークの知識、セキュリティエンジニアとクラウドエンジニアは、ネットワークやサーバーの知識も必要となることを認識しておきましょう。

サーバーに関する知識

インフラエンジニアとしてのキャリアを追求するためには、サーバーに関する基本的な知識が不可欠です。

サーバーは情報を保存し、提供するための中心的な要素です。サーバーの役割や種類、動作原理を理解しましょう。

そして、オペレーティングシステムの基礎も押さえましょう。

ネットワークに関する知識

ネットワークは情報の流れを可能にする骨組みです。

ネットワークの基本的な原則やプロトコル、ネットワークデバイスの役割について学びましょう。

IPアドレスやサブネットマスクの理解は、ネットワークの基礎を築く鍵です。

ITセキュリティに関する知識

情報セキュリティは絶え間ない脅威からデータを守るために不可欠です。

基本的なセキュリティ概念、パスワード管理、ファイアウォールの原則などを学びましょう。

セキュリティの基本を理解し、情報を守るスキルを磨きましょう。

クラウドサービスに関する知識

クラウドサービスは現代のインフラエンジニアにとって重要な要素です。

クラウドプロバイダー(AWS、Azure、Google Cloudなど)の基本的な概念やサービス、クラウドの利点と課題について学びましょう。

クラウドはスケーラビリティと柔軟性を提供しますが、正しい使い方を知ることが大切です。

インフラエンジニアに必要なヒューマンスキル

コミュニケーションスキル

インフラエンジニアとして、技術的な知識だけでなく、コミュニケーションスキルも重要です。

ヒアリングスキルはその中でも特に重要です。

他のチームメンバーやクライアントからの情報を正確に理解し、問題や要件を把握する能力が求められます。適切な質問を投げかけ、リスニングスキルを磨くことが成功への鍵です。

提案スキル

プロジェクトや課題に対する提案スキルは、インフラエンジニアにとって不可欠です。

提案は新しいソリューションを導入するためのステップです。クライアントや上司に対して明確かつ説得力のある提案を行い、プロジェクトの成功に貢献しましょう。

問題解決能力

インフラエンジニアは常に問題に直面します。システムの障害、セキュリティの脅威、パフォーマンスの低下など、さまざまな課題に対処する必要があります。

問題解決能力は、迅速で効果的な対応をするために欠かせません。問題を分析し、適切な解決策を見つけるスキルを養いましょう。

資料作成スキル

プロジェクトの進捗報告、技術文書、提案書など、様々な資料を作成する必要があります。

資料作成スキルは情報を整理し、他の人にわかりやすく伝えるための重要な要素です。

クリアで適切な資料を作成することで、プロジェクトの円滑な進行とコミュニケーションが促進されます。

インフラエンジニアにおすすめの転職エージェント

転職でインフラエンジニアを目指すときは、転職エージェントの活用をしましょう。

転職エージェントを活用することで、非公開求人を紹介してもらえたり、自分に合った企業を紹介してもらえるといったメリットがあります。

ここでは、インフラエンジニアへの転職を目指す人におすすめの転職エージェントを3つ紹介します。

株式会社ウズウズ

株式会社ウズウズは、オンラインスクールと転職エージェントの両方を行う企業です。

LPICを取得して、サーバーエンジニアを目指す資格支援と資格取得後の企業紹介、CCNAを取得してネットワークエンジニアを目指すためのサポートと企業紹介を行っています。

ウズカレというYouTube動画での学習をメインとしており、講師が学習を管理してくれるため、自分で計画的に勉強する方が苦手な方におすすめです。

教材をYouTube上にあげており、公開性や透明性を重視していることが特徴です。

オンラインスクールの受講料は、1か月につき33,000円ですが、資格取得後にウズウズが紹介した企業に採用された時にほぼ全額かえってくるキャッシュバック制度もあります。

株式会社キッカケクリエイション

キッカケクリエイションもインフラエンジニアを目指す人におすすめの転職エージェントです。ITエンジニアに絞った転職サポートをしているため、担当もIT知識がある人が、経験者目線で提案をしてくれます。

企業の採用担当者に、企業の考えや採用計画を聞いたうえで、エンジニアの希望に合った転職先をさがす両面サポート体制を取っていることが最大の特徴です。

エンジニアの転職サポートよりも、企業の経営課題を解決する企業目線を重視しています。

企業の採用担当との接点も大きいため、入社後のギャップを感じにくく、給与交渉まで行ってくれることがメリットです。

エンキャリア株式会社

続いてのおすすめの転職エージェントは、エンキャリア株式会社です。紹介する企業は、正社員契約の企業がほとんどです。

エンキャリア株式会社は、エンジニアのたまごのための転職サイト「ENたま」も運営している企業です。

IT専門の転職エージェントで、ITの豊富な知識を持った担当者が、1人1人に合わせた企業を紹介してくれます。

「この企業の案件はありますか?」と自分がいきたい企業も扱っていれば転職支援も行ってくれます。

最初の面談時には、リモート会議でも身分証明書の確認があるため、面談時には手元に身分証明書を用意しておきましょう。

まとめ

この記事では、これからインフラエンジニアを目指す人に向けてインフラエンジニアの概要や業務内容、おすすめの資格、おすすめの転職エージェントなどを解説しました。

IT未経験からインフラエンジニアを目指す方は、IT経験や実績が無いため資格を取得してスキルを証明することが転職への近道となります。

今回紹介した転職エージェントは、ITに関する知識を持った担当者が、豊富な案件のなかから自分に合った企業を選んでくれる優良なエージェントです。

インフラエンジニアに興味がある人は、学習サイトで資格取得をして、転職エージェントを使った転職活動をしていきましょう。

転職時期を決めて、逆算しながらスケジュールを立てることが、転職成功への鍵となります。