【重要】初心者向けにLinuxで抑えるポイントを解説

こんにちは、Theです。
パソコンでは数字しか打てない工場作業員からエンジニアに転職し、今では大手IT企業でエンジニアライフを送っています!

初学者

まず「Linux」ってなに?
なにができて、どんな特徴があるか知りたいわ。

The

「Linux」は、UNIX系オペレーティングシステム(OS)の一種です!
オープンソースとして開発されており、WindowsやMac OS Xに比べてセキュリティ性や安定性に優れているのが特徴です。また、Linuxはサーバー用途で広く使われていますが、デスクトップ用途でも使用できます。

Linuxの基礎知識を学ぶことで、Linuxをより深く理解できるようになり、より効果的に使うことができるようになります。
また、Linuxの基礎知識は、ITエンジニアとしてのキャリアアップにも役立ちます。

本記事では、Linuxの基礎知識について解説します。
初心者向けに、Linuxで最初に抑えておくべきポイントを説明しますので、Linuxの基礎知識を学ぶことを検討している方はぜひ本記事を参考にしてください!

こんな人におすすめ

・転職に有利なIT知識を身につけたい人
・Linuxの基礎を知って今後の学習効率を上げたい人
・Linuxの概要を説明できるようになりたい人

The

OSの知識は転職に有利なアピールポイント以外に、転職後の業務でも必須知識となります!
エンジニア人生で重要なポイントなので、しっかりと理解しましょう!

Linuxとは

Linuxは、UNIX系の汎用的なオペレーティングシステム(OS)です。

エンタープライズ用途で広く使用され、多くの企業のサーバーシステムで利用されています。

さらに、クラウド環境の構築においてもLinuxは不可欠とされ、今後も情報技術の進化とともにますます重要性を増すことでしょう。

初学者

エンタープライズってなんだ…

The

IT分野では「大きな組織向け」という意味で使われます。
実際、開発現場でも日常的に使われている英単語ですね!

Linuxの特徴

ここでは、 Linuxの主な特徴4選を紹介します。

1. オープンソース

Linuxはオープンソースソフトウェアであるため、誰でもソースコードにアクセスし、自由にカスタマイズできます。

これは、ユーザーコミュニティによって多くのバージョンやディストリビューションが開発され、幅広い用途に合わせたカスタマイズが可能であることを意味します。

2. 安定性と信頼性

Linuxは非常に安定しており、長期間にわたってサーバーやエンタープライズシステムで使用されています。

これは、多くの開発者とコミュニティによるサポートと改良に裏打ちされています。

3. 多様性

Linuxはさまざまなデバイスとアーキテクチャ(システムの構造)に対応しています。

サーバーから組み込みシステム、スマートフォン、スーパーコンピューターまで、ほぼすべてのコンピューターにLinuxが利用されています。

4. セキュリティ

Linuxはセキュリティに優れており、多くのセキュリティ機能とツールが提供されています。

このため、セキュリティ要件の厳しい環境でも信頼性が高い選択肢となっています。

Linuxエンジニアになるためのステップ

Linuxエンジニアになるためには、以下のステップを追うことが一般的です。

  1. Linuxの基礎を学ぶ
    Linuxの基本コマンドやファイルシステム、ネットワーキングなどの基礎を学びます。
  2. Linuxディストリビューションを選ぶ

さまざまなLinuxディストリビューション(Ubuntu、CentOS、Debianなど)から選び、そのディストリビューションに慣れることが大切です。

  1. プログラミングスキルを磨く

スクリプト言語(例: Bash、Python)のスキルを習得し、自動化やスクリプト作成に役立てます。

  1. システム管理スキルを磨く

システム管理のスキル、ネットワーキング知識、セキュリティ対策の方法を学びます。

  1. 認定資格を取得する
    Linux関連の資格(LPIC、LinaC)を取得し、スキルを証明します。
  2. 実務経験を積む
    Linuxシステムの設計、管理、トラブルシューティングの実務経験を積むことが重要です。

LinuxはIT分野でますます重要性を増すOSであり、Linuxエンジニアはその需要に対応する専門家として高く評価されています。 Linuxの学習とキャリア構築に取り組むことで、今後のIT分野での成功に近づくことができます。

The

私も転職活動を始める前に「LPIC 101-102」を取得しました

Linuxの基礎知識とは?

Linuxエンジニアになるための最初のステップとして、Linuxの基礎を学ぶことを紹介しましたが、基礎知識とは何を指すのでしょうか?

ここがわからず、Linuxって難しそうと感じる人も多いです。ここからは、「Linuxの基本知識」について解説していきます。

Linuxの基本 

Linuxの基本的な知識を身につけることは、Linuxを効果的に活用するための出発点です。ここでは、Linuxの基本について紹介します。

コマンド操作 

Linuxは基本的に、コマンドを駆使してコンピュータに指示を出します。

このコマンド操作によって、ファイルの移動、作成、削除などがスムーズに行えます。

よく用いられるLinuxコマンドには、ファイルとディレクトリの操作、標準ストリームの制御、grepを使ったテキスト検索、権限(パーミッション)の管理、ユーザーとグループの操作があります。

これらのコマンドを熟知することで、効率的な作業が可能になります。

Linuxを学ぶ際には、まず基本的なコマンド操作を学び、ターミナル上でファイルを移動・作成・削除するスキルを磨くことが肝要です。

ディレクトリ構造 

Linuxにおいて、ディレクトリ構造を理解することは、ファイルやディレクトリの配置方法を理解する上で欠かせません。

この構造はFHS(Filesystem Hierarchy Standard:ファイルシステム階層標準)という標準に基づいています。

そして、最上層を/で表すルートディレクトリから始まり、階層的に整備されています。

Linuxのディレクトリ構造は、各ディレクトリが特定の役割を担っており、例えばbinディレクトリには基本的なコマンドファイルが配置されています。

また、etcディレクトリにはシステム設定ファイルが、homeディレクトリにはユーザーのホームディレクトリが存在します。

Linuxを学ぶ際に、このディレクトリ構造を把握することは、効率よくLinuxの操作を実現するために不可欠です。

ディレクトリの名称や用途を理解し、各ディレクトリがどのような役割を担うか理解しましょう。

Linuxカーネル

Linuxは、以下の3つにより構成されています。

1.カーネル:Linuxの核となる部分で、基本機能を提供

2.システムライブラリ:アプリが必要とする機能を提供

3.システムユーティリティ:システムの管理・設定を行うためのコマンド

Linuxの学習を始めたばかりの人は、まず、基本機能となるカーネルについて学習しましょう。

ここでは、Linuxカーネルの中でも重要となるプロセス管理、メモリ管理、ストレージ管理について解説します。

プロセス管理

Linuxでは複数のプロセスが同時に実行され、CPUを独占しないようにするためにプロセス管理が不可欠です。

プロセス管理はCPUにどのプロセスを割り当てるかを決定し、複数のプロセスを同時に実行可能にします。

定期的にCPUを占有するプロセスを切り替え、他の処理にCPUを割り当てることで、効率的にタスクを実行します。

例えば、1つのCPUでウェブ閲覧とメール送信を同時に行うことができます。

メモリ管理

Linux学習者にとって、メモリ管理の理解は不可欠です。

メモリ管理はプロセスの実行とデータの読み書きに欠かせず、Linuxカーネルの基本的な要素です。

メモリはCPUが直接アクセスし、プログラムの実行や結果の格納に利用されます。

メモリ管理には、メモリの割り当て、解放、スワップ領域の管理などが含まれます。

これらの概念を理解することで、Linux学習者は効率的にプロセスを実行し、システムリソースを最適に活用できます。

ストレージ管理・ファイル管理

ストレージとは、電源を切った場合もデータが残る記憶デバイスです。

ストレージにあるデータには直接アクセスができないため、一度メモリへ書き出す必要があります。

ファイルとは、名前と関連情報を与えてデータを1つにまとめたものです。

デバイスや他のプロセスとのデータをやりとりする際に利用されます。

ファイルの利点は、ストレージ上に保存されたデータにアクセスする際、アドレスではなくファイル名の指定ができる点です。

また、Linuxでは、通常のファイルだけでなくディレクトリ・デバイスもファイルとして扱います。

ネットワーク・プロトコル 

Linux学習において、ネットワークとプロトコルに対する理解は非常に重要です。

ネットワークはコンピュータ間のコミュニケーションを可能にし、プロトコルはその通信方法を定めます。

これらの概念を把握することで、Linuxシステムをネットワーク上で効果的に運用できます。

OSI参照モデル 

OSI参照モデルは、ネットワーク通信を7つの階層に分けて説明するモデルです。

物理的なケーブルからアプリケーション間の通信まで、各階層が異なる役割を果たします。

このモデルを理解することで、ネットワークトラブルシューティングやセキュリティの向上に役立ちます。

TCP/IP 

TCP/IPはインターネットを支えるプロトコルです。

Transmission Control Protocol (TCP)とInternet Protocol (IP)を中心に構成され、データの信頼性とルーティングを担当します。

Linuxシステムはこれらのプロトコルを使用してネットワーク通信を行います。

TCP/IPの理解は、ネットワーク設定や通信トラブルの解決に不可欠です。

プログラミング言語 

Linuxを効果的に活用するために、プログラミング言語の理解とスキル習得は不可欠です。

シェルスクリプト 

シェルスクリプトはLinuxのコマンドラインインターフェースで使用されるスクリプト言語で、タスクの自動化やシステム管理に利用されます。

シンプルな構文でシステムタスクを効率化し、カスタマイズしたスクリプトを作成できるため、Linuxユーザーにとって重要なスキルです。

C言語 

C言語はLinuxカーネルやアプリケーションの開発に広く使用されるプログラミング言語です。

高度な制御構造やメモリ管理をサポートし、Linuxシステムソフトウェアの開発に必須の言語です。

C言語の理解は、Linux上でのソフトウェア開発やシステムプログラミングにおいて不可欠な要素です。

初学者

ふ〜ん。Linuxについて概要は分かったわ。
けどこんなに調べなくちゃいけないんか…

The

概要が分かれば勉強効率が格段に上がります!
「分からないことが分からない」から「検索対象が分かる」という状態にすることが大切です。
ベテランエンジニアも業務では常にググっています。大事なのは「検索力」ですね!

まとめ

今回の記事では、Linuxの学習を始めたばかりの人のためにどのような知識を学べばいいのかについて解説しました。

基礎的な知識について、文章で紹介してきましたが学習する際は、実際に手を動かしながらコマンドを入力する学習方法がおすすめです。

そこで、基礎学習から資格取得サポート、実際にコマンドを入力する実践までを一気通貫でサポートしてくれるオンラインスクール「株式会社ウズウズ」のLinuCコースがおすすめです。

公式サイト⇩

Linuxを学習して、IT業界に転職したいという方は、ぜひオンラインスクールの受講を検討してください。