【初心者向け】Linux基礎知識と学習方法を解説【現場では知っている前提】

こんにちは、Theです。
パソコンでは数字しか打てない工場作業員からエンジニアに転職し、今では大手IT企業でエンジニアライフを送っています!

初学者

Linuxができると転職に有利らしいじゃん。
何から勉強すればいいの?

The

Linuxの勉強では正しい順序で学習することが必要不可欠です。

Linux学習の鍵は、基礎知識をしっかり固めることです。

コマンドライン、ファイルシステム、そしてシェルスクリプトの理解は、強力なスキルの礎となります。

そして、学習方法も重要です。
学習サイトや書籍を活用し、実際に手を動かすことで知識を実践に結びつけましょう。

この記事を読むことで、Linuxの基礎から応用までの知識が身につき、自信を持ってステップアップできます。

Linux学習の新たな一歩を踏み出し、ITスキルを高めましょう!

こんな人におすすめ
  • Linuxの学習方法を知りたい人
  • Linuxの優位性を知りたい人
  • 未経験からIT転職を成功させたい人

Linux基礎知識

Linuxは、コマンド操作によって操作を行うオペレーティングシステム(OS)です。

操作時は、Windowsのようなマウス操作ではなく、全てキーボードにより指示を出します。

Linuxは大きく分けると以下の2種類に分かれます。

  1. Red Hat系のCentOS型
  2. Ubuntu系のDebian型

現時点でこれらの詳細な違いを理解する必要はありませんが、Linuxが異なるバリエーションを持っていることを覚えておくことは重要です。

Linuxは堅牢性、セキュリティ、カスタマイズ性に優れ、サーバーから組み込みシステムまで幅広い用途に利用されています。

The

こちらの記事でもLinuxについて初心者向けに解説しております。

Linux学習のメリット

Linuxを学ぶことは、IT業界での成功への近道であり、専門職でのキャリアアップに大いに役立ちます。

ここでは、Linuxを学ぶメリットについて詳しく解説します。

LinuxはIT業界のあらゆるところで使われている

Linuxを学ぶことは、IT業界でのキャリアにおいて非常に有益です。

なぜなら、Linuxは幅広い分野で広く採用されているからです。

Webサーバー、データベース、クラウドコンピューティング、ネットワーキング、セキュリティ、組み込みシステムなど、多くの領域でLinuxが利用されています。

そのため、Linuxのスキルを持っていることは、さまざまな職種で競争力を高めるのに役立ちます。

初学者

「IT業界では」いろいろ使われているんだな。

The

企業や専門的な知識を持った人が使っているので、ITに携わらなければあまり関わりはないかもしれませんね。

専門性を活かした職種へのキャリアアップにつながる

Linuxを習得することは、特にシステム管理者ネットワークエンジニアセキュリティアナリストなどのIT専門職にとって、キャリアアップの機会を広げる要因です。

Linuxの知識とスキルを持つことで、高度なタスクをこなし、システムの安定性とセキュリティを確保できるため、企業から高い評価を受けることができます

IT転職市場においてLinuxに関連した職種は着実に需要が増えており、高い給与安定性を提供しています。

例えば、システム管理者の平均年収は国によって異なりますが、高い水準を保っています。

さらに、Linuxコミュニティは広大でサポートが充実しており、初心者にも優しい環境です。

初学者

俺たち初心者に優しいのはいいな!優しいの大好き。

The

世界中で使用されているため、トラブルの解決方法が豊富なのも特徴ですね!

Linuxの学習方法

Linuxは、サーバー向けのOSです。PCが好き、仕事で使っていたということがなければ、基本的に触れる機会がないでしょう。

このことから、「Linuxを勉強するのはハードルが高い」と感じる人も多いです。

しかし現在では、Linux を学ぶための教材も豊富に用意されているため、PCとネット環境があれば、誰でも学習を始めることが可能となっています。

自宅PCにLinux環境を準備して勉強

自宅のPCでLinuxを学ぶためのステップは、簡単で手ごろな方法です。

WindowsやMacをお使いの方でも、仮想環境を使ってLinuxを導入することが可能です。

そこで必要となるのが、無料で入手できる仮想化ソフトウェアとLinux OSです。

これらを活用すれば、誰でもLinuxの世界に足を踏み入れられます。

自宅PCにLinux環境を整えることで、学習の幅が広がります。

この後紹介する動画や参考書での勉強と組み合わせることで、理論と実践を結びつけながら学ぶことができ、スキルの習得が効果的に進みます。

自宅で手軽にLinuxを学びたい方には、この方法がおすすめです!

初学者

無料で実際に操作できるのはありがて〜

The

実際の現場では、知っているだけで手を動かせないエンジニアはとても多いです。
Linuxに強いエンジニアは市場価値が高くなりますね!

Linux関連の学習サイトで勉強

Linuxの学習方法の1つに、ネット上の学習サイトがあげられます。

ProgateドットインストールSchooといった学習サイトが用意されており、概要を学ぶことが可能です。

有料のものや無料のもの、サイト内で実際に手を動かしながら学習を進められるものまで、さまざまなタイプのサイトがあります。

学習サイトを利用するときは、高額な費用を払わなくても学習できます。

口コミやレビューを見て、自分にあった学習サイトを選びましょう。

Linuxの動画視聴や参考書を読んで独学

独学でLinuxを学ぶという手段もあります。

ネットの普及に伴い、YouTubeやWeb記事でもLinuxを学べるようになっています。

必要な情報が体系的にまとめられている参考書のほうが勉強しやすいという方は、1冊本を買って学習するという方法でもいいでしょう。

Linuxを学習するときは、コードを覚えることも大事ですが、最初からすべてを丸暗記しようとせず、何ができるのか概要を学ぶことが重要です。

Linux関連の資格を取得する

学習方法ではありませんが、資格取得を目指して勉強することも1つの手段です。

「この先、使うかもしれないから」

「勉強をしてLinuxに関する知識を増やしてからIT業界に転職」

と、ざっくりとした目標で勉強をしても、慣れていない分野に関しては挫折してしまうことがあります。

このような挫折を避けるために、資格取得を一つの目標とすることが友好的です。

Linuxの代表的な資格には「LPIC」「LinuC」があります。

資格取得をすることで、知識があることの証明にもなるので、モチベーションが保てないという方は、資格取得を一つの目標にすることもおすすめです!

初学者

資格なんて免許証くらいしか持ってねーよ
転職に有利ならやってみるかな。

The

IT業界では資格の有無は大きく評価に差が出ます。
私もLPIC取得後に転職活動を行いましたが、面接ではどの企業からも好印象でした!

Linux初心者にはオンラインスクールがおすすめ

Linuxを一度も触ったことがないという初心者の方は、オンラインスクールがおすすめの学習方法です。

オンラインスクールで学ぶメリットは、わからないことが出てきたときに、講師に質問ができることです。

何がわからないかわからないという人には、レベルに合わせた学習の進め方を教えてくれたり、豊富な学習教材の中からおすすめの教材を教えてくれたりとメリットが多いです。

まとめ

今回はLinuxの概要と、勉強の進め方について解説してきました。

IT業界で仕事をしているとLinuxの知識が必要だなと感じることが多いです。そのため、IT業界を目指すという方には押さえておいてほしい分野になります。

おすすめの学習方法は、深い知識を持った教育のプロに相談できるオンラインスクールでの学習です。

初学者

そりゃプロに教わりてーけどお金はかけられないよ。
安くて質の良いなんかないの?

The

転職は稼ぐためでもありますからお金はかけられませんよね…
こちらのスクールは月額制なのでかなりコストを抑えられます。
随時説明会も行っておりますのでチェックしてみるのもおすすめですよ!


↓公式サイト

未経験からサーバーエンジニアを目指すなら、ウズウズカレッジLinuCコース

「未経験でも、市場価値が高いエンジニアとしての就業を実現」という目標を掲げ、Linuxの基礎学習から資格取得までのサポートを行っています。

質の高いIT人材になることを目指して、ともに学習していきましょう!